ラココが医療脱毛や永久脱毛と間違われる3つの理由!

ラココが医療脱毛だと間違われる理由は以下の通りです。

 

  1. ラココの全身脱毛が最短6か月だから
  2. 産毛にも効果が出るから
  3. ドクターサポートが完備されているから

 

以下に、それぞれ詳しく解説しましたのでご覧ください♪

 

ラココの全身脱毛が最短6か月だから

 

通常、脱毛をする際には「ムダ毛が生えていること」が条件となります。

 

ワキの写真

 

生えていないことではなく、生えていることが条件です!

 

長くボーボーに生えていてはだめですが、毛根に毛が残っている程度はないと脱毛効果が得られません。

 

毛抜きで根っこから毛を抜いてしまうと、脱毛の効果を得られません。

 

なぜなら、脱毛は黒色(毛のメラニン)に光を照射し「熱」を持たせます。

 

その熱が毛根(毛の根っこ)まで伝わることで、毛根にある毛を再生する工場(毛母細胞・毛乳頭)を破壊します。

 

そのことで脱毛効果が得られるというわけです。

 

人の毛は生え代わりを繰り返しています。その生え変わりのことを毛周期(ヘアサイクル)と呼ぶのですが、だいたい2か月から3か月くらいの期間で生え変わっています。

 

ヘアサイクル

 

また、毛穴は一つ一つ独立しているので、それぞれ生えている時期と毛が生えていない休止期の時期などバラバラなのです。

 

例えば、ワキにしても、ワキ全体にある毛穴のうち、生えているのは2割程度だといわれています。

 

シェービングまえの脇

 

上の写真は「シェービングする前の脇」ですが、生えている部分は全体から見て少ないのが分かりますね?

 

1度光を照射したとしても、人の体には毛穴全体の1割から2割程度しか毛が生えていないので、残りの毛穴(毛が生えていない毛穴)にはアプローチできていません。

 

だいたい2か月くらいすると、休止していた毛穴の1割から2割程度が毛を作りはじめるので、そこに光を照射することで以前アプローチできていなかった毛穴にも新しく脱毛効果を与える事ができるのです。

 

ヘアサイクル

 

成長期の毛以外は、毛根にくっ付いていないのが分かりますね?

 

毛根に繋がっていないので、成長期以外の毛に熱を持たせても脱毛効果が得られないのです。

 

この毛周期の仕組みがあるため、光脱毛にしろ永久脱毛にしろ、脱毛にはある程度期間が必要になります。

 

効果の高い医療脱毛でも期間を空ける必要があります。これが常識です。

 

5回照射しようと思ったら、2か月間隔で5回だから最低でも10か月は必要ですね?

 

サロンだと12回が必要だと言われていますので、最短でも24か月、つまり2年は期間が必要になります。

 

ラココは全身脱毛6か月と謳っていることから、サロンは2年以上が常識だから、ラココはサロンではなく医療脱毛(永久脱毛)だよね…と勘違いされてしまいます。

 

そんなに早く終わるんだったら、出力レベルが強くて回数が少なくて済む医療脱毛じゃないと無理だよね?

 

そういった理屈でラココは医療脱毛(永久脱毛)なんだと間違われる方が多いようです!

 

しかし、最近では「毛の黒に反応して毛根を破壊する」という従来の仕組みではない脱毛法が人気になってきています。

 

何を隠そう、ラココもこの最新の脱毛理論にのっとった脱毛機が採用されています。

 

その新しい脱毛理論とは、バルジ脱毛(SHR脱毛)と呼ばれる方法です。

 

毛根よりももっと皮膚の浅い部分になる「バルジ」と呼ばれる領域を熱で破壊する方法です。

 

バルジ

 

毛が作られる際には、このバルジと呼ばれる領域から「命令」が出される仕組みになっているそうです。

 

この命令を出すバルジ領域を熱によってダメージを与えることで、毛の成長を防ぐ仕組みになっています。

 

この方法であれば、従来のように毛周期を待って2か月や3か月間隔で照射する必要がなく、最短で2週間程度で脱毛を進めることが可能です。

 

医療脱毛だと「メディオスターNeXTPRO」「ソプラノアイス・プラチナム」、あとは脱毛サロン採用「ルミクスツイン」でも似たような方法で脱毛が行われています。

 

産毛にも効果が出るから

 

以前は「産毛に効果が出るのは出力レベルが高い永久脱毛だ…」というのが一般的な認識でした。

 

顔や背中の産毛は細く、メラニンが少ないのが特徴です。

 

背中の写真

 

なので、レーザーや光によって熱を持ちづらく、結果、毛根へのダメージも少なくなってしまいます。

 

その為、産毛の脱毛には時間がかかるのです。

 

これに関しても、バルジ脱毛が出てきたことで常識が変わりました。

 

バルジ脱毛であれば、産毛にも関係なく脱毛効果が得られるのです。

 

産毛程度の薄い黒でも、バルジにダメージを与えるだけの十分な熱を持たせることが可能なのです。

 

また逆にメラニンが多すぎる場合でも、高熱を与える必要がないのでバルジ脱毛を受ける事が可能です。

 

日焼けや地黒肌というのは、メラニンを多く含んでいる肌ということです。

 

これらの肌に光やレーザーを照射すると、毛ではなくこの肌のメラニンにレーザーが吸収されてしまい、毛に熱を十分に与えることが出来ません。

 

結果、毛根へのダメージも十分に与えられず、脱毛の効果が薄れてしまいます。

 

それだけでなく、肌のメラニン自体が熱を持ってしまい、ひどい場合は「火傷(やけど)」や「炎症」を起こすことになってしまいます。その為、サロンやクリニックでは日焼けや地黒肌の場合に断れるケースがあるのです。

 

ただしバルジ脱毛だとメラニンの量がそれほど関係ないので、日焼けや地黒肌の人でも問題なく照射ができるということで話題になっています。

 

バルジ脱毛は非常に話題になってきており、それをメインにしたラココのような脱毛サロンや医療脱毛クリニックも増えてきています。

 

ただ、ここ3,4年の話(2019年現在)なので、長いスパンでみた効果が得られていないのが難点です。痛くなく、少ない回数で終わるバルジ脱毛、今のところは口コミでの効果も悪くないのが現状です。

 

ドクターサポートが完備されているから

 

脱毛サロンは医療機関ではないため、医師が常駐していません。

 

医師

 

医療脱毛では、高出力の強いレーザー光を使用するため、肌トラブルが起きるリスクがサロンよりも高いといわれています。

 

ただ、医療機関ですので、もしものトラブルに対しても医師が対応してくれるという安心感があります。

 

しかし、脱毛サロンでは医師が常駐できませんので、そういったトラブルに対する不安を緩和するため、サロンによっては独自に医療機関と「提携」している場合があります。

 

ラココでも、ドクターサポート(医療機関との連携)がとれています。

 

医師のサポートが受けられるという点で、ラココは医療機関ではないかと勘違いされるケースもあるようです。

 

ラココは医療機関ではなく、エステティシャンによる施術が行われている脱毛サロンです。

 

ラココではルミクスという有名で安全な脱毛機が使われていますので、火傷などのトラブルは殆どみられません。

 

しかし、もしもの時にもドクターサポートがついているという安心感があるのは一つの魅力ですね。

 

La coco(ラココ)

ラココ公式HPはこちら≫

全身脱毛で損しない為の知っておきたい5つの注意点とは?

全身脱毛は、部分脱毛よりも割安になるので検討している方も多いのではないでしょうか。

 

全身脱毛したツルスベ肌の美女

 

ラココでも、全身脱毛プランを検討される女性が多いようです。

 

ただしいくら割安でも、サービス内容や支払い方法によっては損してしまうこともあります。

 

そこで、全身脱毛で損しない為に知っておきたい注意点をご紹介します。

 

損しない為の5つの注意点

 

全身のむだ毛の自己処理が必要なくなる全身脱毛は、メリットしかないように思えるかもしれません。

 

しかし、全身脱毛であれば絶対にお得ということではないのです。

 

選び方によっては損をすることもあるので、5つの注意点をしっかり覚えておきましょう。

 

  1. 自分が希望する施術部位が含まれているか?
  2. 通い放題なら通える期間は無制限になっているか?
  3. トータル価格はいくらになるのか?
  4. トラブルがあった時にはどういった対応をしてくれるのか?
  5. 自己処理できない部分のシェービング代は?

 

これらの5つの注意点は、損をしない為には欠かせないチェック項目です。

 

全身脱毛と言ってもお店によって施術部位は違いますし、期間に制限があると追加料金が発生するかもしれません。

 

例えば、全身脱毛プランでも顔やVIOは別料金となっているところも多く、しっかりチェックする必要があります!

 

1回の支払いは安くても、期間がかかりすぎてトータル価格が高額になるプランもあるなど、全身脱毛の落とし穴には注意が必要です。

 

契約の前には必ずこの5つの注意点をチェックして、損をしないようにしてください。

 

損をしないために必要なこと

 

全身脱毛は部分ごとに脱毛をするよりもリーズナブルです。

 

ですが、脱毛したい部位が3箇所以下と言う方には当てはまりません。

 

全身脱毛が安いというのは、基本的に4箇所以上の脱毛を希望している方に限って言えることです。

 

施術を受けたい部位が少ない場合は、その部分だけ契約した方が安くなります。

 

全身脱毛だと、余分な費用をかけてしまうことになるので注意しましょう。

 

もし脱毛を迷っている部位があるなら、無料カウンセリングで相談してみてください。

 

カウンセリングでは、全身と部分のどちらで契約した方がお得か教えてくれるので、損をしないためにもアドバイスを受けるのがベストです。

 

脱毛をすると、自己処理の時とはまったく違う仕上がりで、つるすべの肌になります。

 

つるすべ肌

 

そのため最初はワキ脱毛やVライン脱毛だけでいいと思っていても、途中から全身脱毛に切り替える人も少なくありません。

 

こういった場合でも、5つの注意点を必ずチェックしてから契約をするようにしましょう。

 

補足として、全身脱毛を希望される女性に1つだけ注意点をご紹介します♪

 

1度の来店で全身全て照射してもらえるかどうか…?

 

これ、意外と重要です!

 

毎月1回通えると宣伝されていても、実際には全身の5分の1しか受けられず、全身1周するのに5か月かかってしまうこともあります。

 

これでは期間が長引きますし、月額制プランだとお金も余計にかかってしまいます。

 

ちなみに、ラココは1度の来店で、全身1周脱毛が可能となっています。

 

しかも、1度の来店で全身脱毛約30分の施術と短時間です。(2時間とか3時間かかるところもあります…)

 

安い月額コースを売りにしているサロンも多いですが、実際に施術できる部位が全身の半分とか25%とかだと、なかなか回数をこなせないまま月額費用ばかり増えていきます。

 

あと、ラココでは全身脱毛プランの中に顔もVIOも含まれているので超お得です!

 

La coco(ラココ)

ラココ公式HPはこちら≫